ヘアカラーのアレルギーについて ヘアカラーでかぶれる。ヘアカラーしみる。はなぜ?しみないための対策方法

こんにちわ。mhoroba店長 トキタです。

最近、カラー剤でしみた。かぶれた。というお声やご相談を受ける事が増えてきました。

なぜ?しみたのか?かぶれたのか? 染めるのにまたなってしまったら、どうしよう?と不安に思う方も多いと思います。

 また、しみたりしない様にするために簡単にヘアカラーのアレルギーをご説明します。 

かぶれとは?

顔が赤く腫れたり、首筋に発疹ができる。頭皮から液が滲み出るなどです。 かゆくなる。チクチクしたというのはかぶれたという症状とはちょっと違います。

ヘアカラーのアレルギー反応は大きくわけて2つあります。

・アルカリアレルギー

ヘアカラーを染めるときに必要なアルカリ剤に反応する方。カラー剤をつけたところがしみたり、かゆくなる方です。特徴は、ヘアカラーがついたところだけに反応をします。 (アルカリ剤は髪の毛を明るくするのに必要です。ヘアマニュキュアなど明るくならないものには基本的に入ってません)

・ジアミンアレルギー

ヘアカラーに含まれるジアミンに反応してしまった方。カラー剤をつけた頭皮はもちろん、カラー剤のついていない顔や身体にも影響がでた方は、ジアミンアレルギーの可能性があります。顔が赤くなったり、発疹がでるなどかぶれる。

アルカリアレルギーの方は、カラー剤がついたところだけ反応することが多いです。今まで染めていて平気でも体調が悪かったり寝不足などの時に、免疫力が下がっている時に突然、反応してかゆくなったり、しみたりします。一度アルカリに反応しても、その時だけで体調が普通なら反応しないこともあります。また、頭皮の保護剤などを使用すればかなり軽減することができます。

アルカリアレルギーでお悩み方の対策

体調不良や寝不足のときなどは染めるのを控える。染めるまえに、しみやすい事を伝えてアルカリ剤への保護をしてから染めてもらう。アルカリの弱い薬剤などにしてもらうなどの対策でわりと防げることは多いです。もしくは、頭皮に直にカラー剤をつけるのをさけてもらい。根本ぎりぎりに染めてもらう事で軽減します。

頭皮保護スプレーやオイル・・自然な被膜を

はって薬剤の刺激から頭皮を守ってくれます。

これらの方法で、絶対ではないですがかなりしみるリスクは改善されます。

ジアミンアレルギーの可能性がある方の対策・・・ジアミンアレルギーの方は、なかなか大変です。

カラー剤は、明るくしたり、発色をよくするためにジアミンという成分がほぼ入っています。

また、花粉症のように一度アレルギー反応を起こすと毎回、反応するようになります。

アレルギー反応が重度の方は、美容室で自分が染めてなくても周りで染めてる人がいると空気中に揮発したジアミンにさえ反応してしまい、美容室に行くのさえ困難になる場合もあります。

※あくまでも簡単な目安の判断です。ご心配な方はパッチテスト(当店は無料でおこなっています)か医療機関でアレルギー検査をおすすめします。

では、どうすれば良いか? 

ジアミンの入っていないカラー剤で染めるしか方法はありません。ヘアマニュキュアやカラートリートメント、ノンジアミンカラーなどです。

※ ヘナは、ジアミンが含まれているものもあり、日本ではヘアカラーとしては認可されていません。(かつら用や衣服などの染料としてあるだけです)

ヘアマニュキュア・・ジアミンがはいってませんので比較的に安全ですが、髪を明るくするチカラはないので白髪などに薄く色が入るだけです。表面に吸着するタイプのカラーで、洗うたびに色落ちします。

メリット・・髪が傷みにくいです。しみたりかゆくはなりずらい。 ジアミンが入っていない。

デメリット・・染まりがうすい。頭皮もそまってしまうので根元からは染めれない。色があまり選べない。明るく染めれないなどヘアカラーを楽しむのは難しいです。

カラートリートメント・・トリートメント成分に、染料が入っているタイプのもので髪の毛の表面に吸着するものです。ジアミンなどの成分は入ってはいないです。

メリット・・髪を傷めない。髪のキューティクルをひらいて色素を分解するなどの作用はないため物理的なダメージはありません。また、手ごろで時間もあまりかからない。

デメリット・・髪を明るくすることはできません。

また、髪の表面に吸着するだけですので、一度ではなかなか染まりません。

くっついてるだけなので、色落ちが早いです。

一概には、言えませんが他のカラー剤と相性が悪くその後のカラーなどに影響するのであまりおすすめしません。 

何より染まらない・・というお声を良く聞きます。

毎日のようにしようして少し白髪がぼけるくらいに染まる程度です。(そのあとに、美容室でカラーする時に、思わぬ色になってしまう・・ということがあります。)

ノンジアミンカラー・・名前のとおりジアミンが含まれていないタイプのヘアカラーです。ジアミンは含まれていませんが明るくすることも可能です。そのために弱いアルカリは入っています。

メリット・・ジアミンアレルギーでも染めれる。明るくする事も可能です。

白髪も染めることが可能。トリートメント効果もあり艶がでます。

非常に弱いアルカリでゆっくり染めるので髪へのダメージも最小限ですみます。低ダメージですので、パーマとの同時施術が可能です。パーマの後でも染めれます。

デメリット・・健康な髪はそまりにくいです。何回か染めていくと色が濃くなっていきます。

明るくするのに、微弱なアルカリは入っていますので、アルカリアレルギーの人はまれに反応する事があります。

アルカリが少量なので反応する方は少ないですが、絶対に大丈夫というわけではありません。穏やかに染まっていくので時間がかかります。取扱いが難しいので、やっているお店も少ないです。

おすすめはノンジアミンカラー

mahorobaでは、ノンジアミンカラーに対応しています。

植物性のカラーバタータイプのノンジアミンカラーです。地肌にも髪にもやさしいノンジアミンカラー。トリートメント効果もあり染まりあがりが艶々です。明るくすることも可能で、ヘアマニュキュアと違い色を楽しむことも可能です。安心な弱い薬剤なので時間が少し長いです。急なカラーチェンジは、時間がかかるので何回かに分けて染めることをおすすめします。でも、頭皮の弱い方・ジアミンアレルギーのかたには絶対おすすめのカラーです。

今までも、頭皮がしみる・かゆいというお客様にも、しみたりしなくて染めれると好評いただいております。

ノンジアミンカラー する前、ベースがもともと明るけばノンジアミンカラー を使ってきれいにトーンダウンもできます。発色もキレイにでます。

before 12レベルの明るいブラウン

ノンジアミンカラー のマッドブラウンとインディゴでキレイな寒色系にトーンダウンに染めます。

カーキアッシュ

カーキアッシュっぽい感じでキレイに染まりました‼️ 何よりもツヤ感が素晴らしい✨

もともとのベースが明るくなってる人であればワンメイク(一度塗り)でキレイに染めれます。

キレイに発色させるためには、一度ライトナーなどで明るくしてからならキレイに色味がでます。

ダブルカラーになるので、時間も料金も多めにかかりますが、カラーができない…と諦めていた方もノンジアミンカラー でカラーを楽しむことができます♫

ノンジアミンカラーの注意点

※現在、荒れている状態の方は施術をお断りする場合があります。絶対に大丈夫という訳ではありません。90%以上の方がしみたりせず安全に染めています。

不安だという方は、パッチテストを無料でやっていますのでご相談ください。

※パッチテストは、身体の一部に薬剤をつけて48時間おいてアレルギー反応が起きるか試すことです。 そのため当日に染めることはできません。2日後以降に様子をみてから染めさせていただくので安心です。

 簡単にヘアカラーのアレルギーについてお話させていただきました。

参考にしていただき ご自分に合うカラー剤をお選びになって安心してヘアカラーをお楽しみください。

時田 正宏  トキタ マサヒロ

南青山・横浜のサロン勤務を経て、2014年に代官山・渋谷にプライベートヘアサロンmahorobaをオープン。2016年に恵比寿に拡張移転。

美容師歴17年 技術講師・ヘアコンテストの入賞経験を多数持つ実力派。

フォルムにこだわり前・後・横・どこから見ても綺麗なカットスタイルが好評。 デザインの基本は、造形印象学に基づく似合わせから「なりたいイメージ」を汲み取りその人がもっとも輝けるヘアスタイルを作りだす。切った後に周りから褒められると高い支持を得ている。