Masahiro Tokita

店長・ヘアスタイリスト

造形印象学で「なりたいイメージ」を実現します

 美容室がなかなか決まらない方にも、安心してずっと任せていただけるよう、精一杯のご提案・施術をいたします。造形印象学に基づく「似合わせ」には絶対の自信があります。あなたのなりたいイメージを叶えるお手伝いをさせてください!

プロフィール

都内・横浜のサロン勤務を経て、2014年、代官山・渋谷にプライベートサロンmahorobaをオープン。2016年、mahoroba ヘア&リラクゼーションとして新生mahorobaを恵比寿に拡張移転。

美容師歴15年。技術講師・有名コンテストの入賞経験を持つ実力派。「フォルム」にこだわり、前・横・後ろ、どこから見ても綺麗なスタイルを作り出す。特にバランス重視のショートスタイルが得意。

デザインの基本は、造形印象学に基づく「似合わせ」。キレイ・カワイイ・カッコイイなど「なりたいイメージ」を丁寧に汲み取り、その人がもっとも輝けるヘアスタイルを作り出す。大胆にも思えるイメチェン提案は、切った後に周りから褒められると高い支持を得ている。

何でも話せてしまうフレドリーな接客と熱い人柄も人気。

造形印象学に基づく「似合わせ」とは?

「造形」とは、形あるモノを作りあげること。造形印象学は、モノの形が与える「印象」を髪にも応用して、イメージ通りの理想の髪型を作りあげるヘアデザイン理論です。

人の第一印象を決める重要なパーツである「顔」。その顔を縁取る「髪型」には、顔を魅力的に見せるだけでなく、その人の印象を印象を変えるほどの効果があることがわかっています。

造形印象学では「なりたいイメージ」を基にヘアスタイルを決めていきます。まずは「どんな風になりたいか」「どんな風に見られたいか」が重要です。「綺麗になりたい」「可愛くなりたい」「かっこ良くなりたい」など、目指すイメージによって、それを実現するフォルムを判断します。

例えば、女性らしい柔らかいイメージを目指すのであれば、ショートよりもロング、直線よりも曲線にした方が効果的。また、同じ曲線でも、均一なウェーブと無造作なウェーブでは与える印象が異なります。ただし、必ずしも理論的な答えが良いわけではなく「ショートで女性らしくしたい」など様々な希望や制約もあるでしょう。

実際の施術では、なりたいイメージを共有しながら、ヘアスタイルの好み、骨格・顔型・髪質などの特徴も見極めて、オーダーメイドで「なりたいイメージ」を実現しつつ「似合う」髪型を作っていきます。

「似合うスタイルが見つからない」「普通の似合わせでは物足りない」とお悩みの方は、ぜひ一度mahorobaにご相談ください。あなたに本当に似合う、理想のスタイルをご提案します。